革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

中古車買取に関する規制

中古車買取に関する規制


中古車買取業界にも他の事業と同様に規制が存在しています。最も最近に変更された商取引に関する法律の中には訪問査定による買取の勧誘を行ってはいけないという規制が新たに追加されました。それまでは多くの企業から同時見積りを取り、最も査定価格の良かった会社に売却するという手法も取れたのですが、適正な競争と取引が行われるように2013年に新しい規制がひかれたのです。
実際に中古車買取の場合はユーザーの要請に応じる形で出張査定や出張買い取りを行うことがありました。これは原則無料で行われるため出張にかかる経費などは買い手業者が持つのが当然の流れとなっておりました。そのため売買契約が成立しなければ無駄骨を折ることにもなってしまっていたのです。そのため訪問査定をした場合には売却を決意するまで食い下がるなどの営業活動を行う場合があり、問題が発生することもありました。そのような経緯もあり中古車買取については販売店以外での訪問購入には規制が敷かれ、売買契約が成立しても8日間はクーリングオフによる契約解除が可能になりました。
この中古車買取に影響を与える法律の名前は特定商取引法と呼ばれています。その一部改正が行われたのです。中古車買取業者に営業手法の転換を事実上迫るのが今回の法律の骨子であり、訪問先での執拗な勧誘や契約解除など消費者保護を強める目的を有した法改正になります。
現状無数に存在する中古車買取業者は大手も含めてユーザーによる無料査定の依頼からスタートするというスタイルを育ててきています。そのためその根幹を揺るがす法律の施行に業界は新館したと言われます。しかし実際に出張査定、買取という営業スタイルは消費者とのトラブルも多い営業スタイルであったことは事実です。中古車に限らず貴金属など高価な物においては相場の状況は一般人にはなかなか把握できず、公正ではない取引が行われやすいという問題も存在していました。また、現物を見て初めてわかることもあるため見積金額の変動も激しく、お互いに満足できない結果になることも多かったと言われます。また出張査定や買い取りにはコストがかかるため、手ぶらで帰りにくいという事情も存在していたことでしょう。
以上のように、様々な経緯があってこれまでの訪問査定、買取のスタイルは作り上げっら得てきたのです。今後はその営業スタイルが根幹から見直されることになっていくと考えられています。