革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

中古車買取と印鑑証明

中古車買取には印鑑証明書が必要


乗らなくなった愛車を手放すのに、今もっとも人気がある方法が、中古車買取です。
廃車にすると、それだけで利用者がお金を支払わなければなりません。
しかも、地球環境のことを考えると、もったいないことなのです。
地球にも財布にも優しい中古車買取ですが、買取をしてもらう際には、色々と準備をしなければなりません。
中古車買取業者に車を持っていって、査定額に納得いったらその場で契約をして買取成立、というわけには行かないのです。

中古車買取をスムーズに完了させるためには、書類を準備しなければなりません。
なぜかというと、車には名義人や所有者というのが存在するからです。
4月1日時点で所有者の人に対して、毎年自動車税の請求が行きます。
買取をしてもらったにもかかわらず、名義変更を済ませていないと、自動車税の請求が来てしまいます。
よって、中古車買取をしてもらう際には、名義変更の手続きを完了しないといけないのです。

名義変更は陸運支局で行います。
軽自動車の場合には、軽自動車協会の事務所で行います。

そのときに持っていく書類にはいくつかあるのですが、そのうちのひとつとして、印鑑証明書というのがあります。
そもそもこれはまず、役場に印鑑登録をしなければなりません。
印鑑登録というのは、本人を確認するための手続きのひとつです。
必要書類と登録する印鑑を役場に持って行き、登録をします。
登録が終わると、印鑑登録証というものが発行されます。
小さいサイズの手帳のようなものです。

そして、この印鑑登録証と登録した印鑑を持って、再び役場に行きます。
この2つを提示して発行されるのが、印鑑証明書なのです。
この書類はA4サイズくらいの大きさで、発行する際には手数料がかかります。

この書類を名義変更で使う場合には、発行されてからあまり期間の経過したものではいけません。
また、役場が土日に入ってしまうと、発行してもらえない場合もあります。
スピーディーな名義変更を希望する場合には、中古車買取を検討した段階でこの書類を取得しておいても、決して早すぎることはありません。

印鑑証明書は、2通発行しておきます。
そのほうが、何かあったときに安心だからです。
名義変更をする場合には、旧所有者と新所有者、両方の印鑑証明書が必要となります。
買取業者に売る場合には、買取業者が新所有者ということになります。
法人の場合にもこの書類は提出しなければなりませんし、印鑑も登録しなければなりません。